オイルを付けてもパサつく髪

投稿日:

私は昔から髪にはとても悩まされてきました、その理由はパサつきです。夏は湿気でパサつき冬は暖房の風でパサつき一年中悩まされるのです。

隣の芝生は青く見えると言いますが、小学生の頃からなぜ自分だけこんなにバサハザ広がるんだろうと悩んだものです。髪が綺麗にまとまらないとどんなにキレイにお化粧しても可愛い服を着ても気分が上がらないんですよね。

美容室でなるべく量を減らして軽くしても夜ドライヤーをかけるとやはりパサつき広がります、ネットで同じ悩みを持つ人達の対処法を調べた所ひどいパサつきにはオイルが効果的との事だったので、美容室でオイルを買ったのですが私が求めるまとまり感は得られませんでした。やはり体質なのでしょうか?

よくCMでしっとりまとまる髪と言うフレーズを聞くたびにいろいろ試しましたが、効果を実感できる物は残念ながらありませんでした。もうプロに助けを求めるしかないと思い行きつけの美容師さんに相談すると広がりを抑えるパーマや部分縮毛などを勧められ、値段ははりますが確かに広がりも落ち着きツヤとまとまりを手に入れる事が出来ました。

ですが美容室に行くたびに高いお金を払うのは現在専業主婦になった私には難しく、ドライヤーのかけ方や時間をかけたトリートメントなど毎日のヘアケアでなんとか抑える毎日です。なるべくお金をかけずに憧れのまとまりヘアを手に入れられる日はいつになるのか、その日が1日でも早く来るのを願うばかりです。

真っ黒サラサラヘアから突然縮れ髪になった私が悩んだこと

昔は真っ黒でサラサラだった私の髪質が変わったのは中学生になってからです。

一番コンプレックスになったのが、髪が縮れてモシャモシャっとすることです。いくら丁寧にスタイリング剤をつけてブローしても、思い切ってまとめ髪にしても、縮れがひどくてヘアスタイルが決まりませんでした。

髪がまとまらず、あちこちからいわゆる「アホ毛」が出ると何だかみっともない感じがして本当に嫌でした。それをまとめようと、ピンで留めるとあちこちピンだらけという有様で、ヘアスタイルを楽しむということが出来ませんでした。

高校生になってストレートパーマをかけても根本的なクセは治らず、髪型にはいつも悩まされていました。

何をしてもクセがひどかったので、中学時代は大体髪を編んでいました。編み込みやフィッシュボーンなどキツく編んであっても堅苦しくないような感じのする
ヘアスタイルを自分で工夫しました。

大人になってからはクセを活かしてパーマをかけることが多くなり、昔のようなコンプレックスはだいぶ減りました。
今でも細く弱い髪質なので扱いは大変ですが、なるべく髪を伸ばして、編み込みアレンジを加えられるような髪型にできるようにしています。

同一人物なのに違う髪質ってどうして?

私は日本人らしいまっすぐな黒髪が地髪なのですが、ある時期から元の髪質とは異なる質感の髪が生えてくるようになりました。今思えば初潮をむかえた頃だったので、身体の中で何かホルモンバランスが変わったタイミングだったのかもしれません。

元々くせ毛の方はそれなりに苦労なさっているかも知れませんが、私は元々ありがたいことに素直なまっすぐ髪でダメージも受けにくく、寝癖もつきにくくて気に入っていました。それがある時から、襟足というか耳の下半分の位置から下の髪が、真っ直ぐストレートではなくなっていることに気が付きました。

少し縮れているというか、ねじれながら生え伸びてきたという印象の髪です。太さが均一でなく少し平らになっている部分もあったりして、雨の日にんかは湿気を含みやすいらしく、頭の下側だけ妙に膨らんでしまいます。

男の人で一度丸坊主にすると毛穴が変化して、元の髪質とは異なる髪が生えてくるようになるという話を数人から聞いたことがありますが、私は女性で特に病気やケガのために丸坊主になるような経験はありません。頭の下側だけそってカリアゲにしたこともありません。下側だけ重点的にトリートメントをしたりしましたが、髪質が変わることはなく、2種類の髪質だとスタイリングも難しくて嫌になってしまいます。

参考商品:チャップアップシャンプー 通販