数年前から、母がフルタイムで働くようになったことで夕飯作りを任され、料理をするようになりました。
それまでは、野菜炒めが出来る程度でレパートリーも少なく、あまり料理が上手ではなかったわたし。
料理の本を見ながら、いろんな料理を作るうちにいつの間にか料理を作るのが趣味になっていきました。

料理の本の通りに上手に作れたり、家族が美味しいと言ってお替りをしてくれるのがうれしく、やる気になります。
次は、もっと柔らかくなる様に早めに火からおろしてみよう、ジャガイモを蒸すことで水っぽくなるのを防いでみようなど作るたびに、上達していくのが魅力で楽しいです。
はまっているピーク時には、3~4品のおかずを作っていたほどです。

今では、作る品数は2~3品程度ですが、料理は依然好きです。料理の本をめくると、メンチカツやジャーマンポテトなど作ってみたい料理が次々出てきます。
もっと、もっと上達して、短時間で美味しい料理を作れるようになることが目下の目標です。