30歳を過ぎるまで、お肌のお手入れなんて無縁のきれいな肌だったわたくしなのですがお肌の曲がり角が来たようで顔も体も乾燥肌、敏感肌になりました。
具体的に言うと顔には吹き出物がでてきて体の方は粉をふいたような肌になってしまったのです。
たくさんの要因があったのではないかと思いますが、ストレスをためたり不摂生をしていたことが主な原因だと思っています。

以前、ダイエットをしていて入浴時に半身浴で一時間程度入浴していたのですけど長時間の入浴はお肌の乾燥につながると知りやめることにしました。
お湯に入る時間は十分に決め、からだをタオルで拭く前にベビーオイルを塗り、タオルで拭くときは簡単に水分を取る程度にしてすぐにボディクリームを塗るようにしました。

お顔のお手入れも短時間勝負ですからお風呂の後は忙しいです。
ここ最近では時間を有効に使えるようにお風呂上りに顔を手入れするようにバスタオルとバックを用意しておいてお風呂から出てすぐにパックしています。

また、ケアをしながらちょっとした体操をしたり背筋をピンと伸ばして正しい姿勢を保つことも同時にやります。
体の水分も大事なことなので、お風呂に入る前のお水と入浴後のお水は絶対に摂ります。

PC作業で、首や目が疲れたり足が疲れたりしたときなどその時々で気になる部分をマッサージケアしたり頭をマッサージしたりしてその日にいたわってあげたい部分を重点的に軽減させるように気を付けています。
女だったら美しくありたいと、いつでも願いますよね。

自分も、つねにそう願っているので、生活スタイルを見直すことに。
まずはじめに、美しくなる為には、肌がスベスベでなくてはいけないので、毎日行う、スキンケアを丁寧にしています。
一週間に2回はフェイスパックをしっかりしています。

まず、朝、酵素ドリンクをのむこと!野菜を食べるようにしないと、お通じが悪くなるので、最初にお腹の中からきれいにします。
昼ごはんは存分に好きなものを食べて、晩ご飯は美容や健康の為には、抜いたほうが良いらしいです。
夕食を食べないと、寝ている間にお腹の中を綺麗にしてくれて、肌がツルッツルになります。
うれしいですよね、経済的だし(笑)

あとは、必ず運動をする!私はヨガに行き始めました。
汗も沢山かくので、解毒やリラクゼーションに最高です。

それと、ヒマな時は歩きに外に出ます!あたしは、犬と暮らしているので、散歩がてらにウォーキング!
そのときはクビレをつくるようにコシをひねるようにします。
日課にしていつまでも可愛くいたいですね。

まずは食生活についてですが、不要なカロリーを蓄積しない為に、夜の食事は早い時間に済ます事、他にも食事のあとは甘いものを食べないこと、このふたつです。

昔からしているなんとなくの習慣ですが、今現在40目前の子持ちなのですが、高校の時から体重の増減はほとんどありません。
妊娠中も10kg弱増えただけです。
同じ内容の食事でも朝飯と夕飯では、何十倍も脂肪になるのに差があるので、食べたくなった時にはそれを思ってガマンガマン。
早起きにもつながります。

二つ目は見た目に関する事です。
わたしはまったく気にしていなかったのですが、良い姿勢をしているらしく、ホントの歳よりも若く見られることが多いですし、自分の事はさておき、姿勢の悪い方を見るとホントの歳よりも上に見えてしまい、可愛く見えるのになと感じる事が何回かあるので、姿勢も大切なポイントではないでしょうか。

他には運動についてですが、歩くスピードもカロリーを消費する為に大切なのだそうです。
お産の後、婦人科で筋力と持久力を調べて、ウォーキングに最適な速度を算出してもらいました。

意外に早いスピードなのでビックリしましたが、せっかくだし、効率良く行いたいですね。
これからも暮らしの中で簡単に組み込める事を習慣化できればと思います。